img_p001.gif

16_201411.jpg

詩集『蠢くものたち』
なべくらますみ/著

さえぎられた光の底で、生き場所を失ったものたちが
悲しげに蠢いている。耳を澄ましてみよう。
虫けらと蔑まれ、ないがしろにされた小さなものたちの、
圧し殺した呟きや叫びが聞こえてこないか?

ISBN978-4-8120-2189-7
定価 本体2000円+税
発行日 2014年11月20日

img_p001.gif

17_201411.jpg

詩集『兆し』
なんば・みちこ/著

地表が氷雪に覆われても、その下には新たな芽吹きが準備されている。
喪失とは再生の兆しなのだ。
詩集全体を通して、いのちを象徴する水音が鳴り響いている。
いのちの大きな巡りを歌い続けてきた詩人の、
頂点をなす円熟の第十詩集。

ISBN978-4-8120-2183-5
定価 本体2300円+税
発行日 2014年11月4日

img_p001.gif

18_201411.jpg

詩集『峠の季』
今井文世/著

「峠の季」には〈とき〉という言葉が隠されている。
未来へつながる時間と過ぎ去った時間とが出会い、すれ違うひととき、
峠道を歩いていく自分の後ろ姿が浮かんで消える。
今日は手が届くように空が近い。

ISBN978-4-8120-2181-1 
定価 本体2000円+税
発行日 2014年11月15日

img_p001.gif

19_201411.jpg

詩集『光と風と香り』
金 后蘭/著
王 秀英/訳
中原道夫/監修

国と民族の違いはあるにしても、金后蘭詩人の言葉は胸をさす。詩人には国境がないからだ。この詩集『光と風と香り』が、多くの日本の読者に読まれることを願って止まない。
中原道夫・解説より

ISBN978-4-8120-2173-6
定価 本体2000円+税
発行日 2014年10月20日

img_p001.gif

20_201411.jpg

詩集『火の花嫁』
宮崎 亨/著

この詩集は大津波の年に出される予定だったが、三年の仕切りなおしの間をおくことになった。三年を経てなにかが変わったわけではなく、津波にさらわれた家の跡に家が建てられるように、波でさらわれた詩の跡に同じ詩が書き連ねられたにすぎない。
(「あとがき」より)

ISBN978-4-8120-2176-7
定価 本体2000円+税
発行日 2014年10月20日

img_p001.gif

21_201411.jpg

詩集『艦砲ぬ喰え残さー』
星 雅彦/著

沖縄文化の振興に生涯をかけてきた詩人による
13年ぶりの新詩集。
集団自決をめぐる証言、琉球弧の地理的条件、
ウチナーグチ(沖縄語)の語源など、
土を掘り起し、骨をなぞるようにして書かれた詩篇は、
マブイが語りかける〈沈黙の中の真実の言葉〉だ。

ISBN978-4-8120-2159-0  
本体2500円(+税)

img_p001.gif

22_201411.jpg

詩集『天の雪水』
真原継一/著

あなたの美しい立ち姿に心地よい涼風が流れ、
清らかな天の雪水が注がれますように

ISBN978-4-8120-2162-0  
本体2000円(+税)

img_p001.gif

23_201411.jpg

詩集『戦争放棄』叢書〈社会 現実/変革〉10
斉藤守弘/著

「ね」の上の文字は何とよむ?
「死ね」と書いたメールがある日、きみに届く。
死という文字を覚えないうちに、
いじめで、戦争で死んでいく子供達がいる。

ISBN978-4-8120-2160-6  C0392
本体1800円(+税)

img_p001.gif

24_201411.jpg

詩句集『つぶやき』
山野井悌二/著

行こうか、行くまいか。
形ばかりの自問をする己に苦笑しながら
さてと、旅立ちの支度を始める。

俳句から詩へ。自由律から定型へ。
自在に異種ジャンルを往還する試み。

ISBN978-4-8120-2146-0  
本体2000円(+税)

img_p001.gif

25_201411.jpg

詩集『燕』
ひろせ俊子/著

ものさし、柱、かたつむり、ひまわり………

ひろせ俊子の詩は、日常の中に潜んでみえない事物を直視する。動かないものをことばで動かし、語らないものを無言で語らせ、読者はドキドキ、ワクワク、どの詩もさいごの一枚のカードを抜くまで話しの結末は分からない。日常の一こま一こまを、透徹したことばで磨き抜いた待望の詩集。中村不二夫

ISBN978-4-8120-2161-3  
本体1000円(+税)

img_p001.gif

26_201411.jpg

詩集『禳禱』
遠藤敦子/著

 遠藤敦子には、若くして予期せぬ不運な出来事が次々と襲う。その時々「生きていかなければ」と救いの手が差し伸べられる。絶望の淵にあって、諦めず、いのり、明日に希望をもち続けてきた詩人のことばが光る。他者への信頼を軸に、慎ましく編まれた詩集『禳?』は、生きとし生けるものへの慈愛の目に充ちている。
中村不二夫

ISBN978-4-8120-2164-4  
本体2000円(+税)

img_p001.gif

27_201411.jpg

詩集『言葉勝手・鐘の音』
馬渡講一/著

言葉が
ひらり ひらり
ひっくり返って飛んでいる
言葉が
すい すい
風にのって飛んでいる

ひっくり返したのは
風にのせたのは
たれ?
わたし
あなた
いいえ いいえ
言葉は
ひとりで勝手に飛んでいるの
「言葉勝手」より

ISBN978-4-8120-2182-8  
本体1500円(+税)

img_p001.gif

28_201411.jpg

詩集『オフィーリアに舟を』
植村勝明/著

妻はもう悲しみの中にしかいない
美しい寝顔のまま、海まで流されていく亡き妻のため、
詩人は言葉で一艘の舟を描き加えた。
ひとり旅立つ者を悼む、清冽な湧水を思わせる魂の挽歌。

ISBN978-4-8120-2149-1  
本体1600円(+税)

img_p001.gif

29_201411.jpg

詩集『Wanderers』詩と思想新人賞叢書7
伊藤浩子/著

緘黙した世界は近づきながら遠ざかる

ISBN978-4-8120-2152-1  C0392
本体2000円(+税)

img_p001.gif

30_201411.jpg

詩集『昭和八十八』
和田文雄/著

賢さん あぶね
さいかちの棘だの なんだの
世の中惑わすもの いっぺある
――追懐「さいかち」より

ISBN978-4-8120-2171-2  
本体2000円(+税)

img_p001.gif