kanariya.jpg

詩集『カナリア屋』
田中裕子/著

ぽろんと
空から芯棒が落ちてきた

なつはもうすぐだった

ISBN978-4-8120-2254-2
定価 本体2000円+税
発行日 2015年9月17日

sekaigaarukara.jpg

詩集『慕わしい世界があるから』
金達鎮/著 佐川亜紀/訳 韓成禮/監修

自然を愛し、仏教を究め、崇高で平和な世界を慕い続け、近代詩史に貴重な足跡を遺した韓国昌原(チャンウォン)の詩人金達鎮。
抗日運動に関わり、1945年の解放を迎えた喜びを歌った詩「朝」は記念すべき作品である。
この訳詩集が日本でひろく読まれることを願う。
(佐川亜紀)
ISBN978-4-8120-2253-5
定価 本体2000円+税
発行日 2015年8月15日

honya.jpg

詩集『古本屋の女房』
杉野紳江/著

詩の題材からも、詩人の日日の生活が知的で、関わる人たちに誠実であることが察せられる。このような生活態度は、一緒に生活する家族や友人に同じ立場を与える。だがお互いの思いが、すべてピッタリとはいかない。この微妙なズレが、〝たくまざる笑い〟を生む。(比留間一成)

ISBN978-4-8120-2237-5
定価 本体2000円+税
発行日 2015年9月1日

arinohi.jpg

詩集『蟻の日』
野田順子/著

子豚は焼かれ
俺は蟻を踏みつぶし
犬は呼んでも帰って来ない
そんな日に限って 夜はいきなりやって来る

ISBN978-4-8120-2247-4
定価 本体2000円+税
発行日 2015年9月30日

hajimetenokoro.jpg

詩と思想新人賞叢書9 詩集『初めの頃であれば』
花潜幸/著

魚は銅のように重く、月のように輝いていた。
宇宙の背中にも手を伸ばし、春の海を渡る風と話をし、
浜で生きることを夢見ることもできたのだ……
そう、初めの頃であれば

ISBN978-4-8120-2234-4
定価 本体2000円+税
発行日 2015年9月10日

watasinosyoujyojidai.jpg

詩集『私の少女時代は戦争だった』
比留間美代子/著

終戦時、私は二十一歳、詩人は十三歳。まさに少女時代は戦争中。どんなに不安の中にとざされていたか。よく理解できた。アカ紙、召集令状、竹槍などの用語は、この時代を理解するポイント。「戦争の始まり」という詩は、彼女の小四の時。少女のとまどいが、よく書けている。
(比留間一成)

ISBN978-4-8120-2235-1
定価 本体2000円+税
発行日 2015年8月30日

aruhazunoike.jpg

詩集『あるはずの滝』
佐久間隆史/著

遠くにいながら
実際には近くにいる
トンボ

近くにいながら
実際には遠くにいる
トンボ

そのトンボとは、
あるいはもしかしたら、
トンボという名の
詩であるのかもしれない
―詩篇「縁側にて」より

ISBN978-4-8120-2238-2
定価 本体2200円+税
発行日 2015年9月1日

umeta.jpg

『埋田昇二全詩集』
埋田昇二/著

詩業60年の集大成
埋田昇二はその存在のみによって、詩を書く者の思いを良心の方向に引き付け、社会と真っ向から闘うことの勇気を与えてくれる稀有な現代詩人である。埋田が出発から一貫して続けてきた、生と死の意味を追究する詩における営為は、これからも続けられていくであろう。
(中村不二夫)

ISBN978-4-8120-2245-0
定価 本体6000円+税
発行日 2015年10月30日

yakusoku.jpg

詩集『約束の木』
秋山公哉/著

その時から 私達の言葉は
変わってしまった。
比喩が 震災という現実を
超えられない。
今、詩を書くことの
覚悟が
試されている。

ISBN978-4-8120-2259-7
定価 本体2000円+税
発行日 2015年10月30日

kumonoito.jpg

詩集『雲の糸』
山本みち子/著

人にはそれぞれ一本の見えない糸が付いている。自分の生きるかたちを許容できたとき、人はふと自分に結びつけられた透明な糸の存在に気づくのだ。 

ISBN978-4-8120-2243-6
定価2000円+税
発行日2015年10月10日

panmetorin.jpg

詩集『パンメトロン』
植村勝明/著

楽しく歌え、声あるうちに
「パン」はギリシャ語で〈いろんな〉。「メトロン」は〈韻律〉。
言うなれば〈雑詩〉、あるいは〈折々のはぐれ歌〉である。

ISBN978-4-8120-2258-0
定価 本体1600円+税
発行日 2015年10月10日

toki.jpg

詩集『刻』
道元 隆/著

語りかける
知らぬ人に
気分を害さないように
勇気を持てるように
言葉を紡ぐ

ISBN978-4-8120-2261-0
定価 本体2500円+税
発行日 2015年10月22日

img_p001.gif

hosoya.jpg

詩集『細家風が吹いて』
重光はるみ/著

詩を書くこと。それは――

心の奥の窪地にたたえられた水をそっと汲み上げること。
夏の日、家と家のすきまを吹き抜ける細家風のような、
幼年時代の遥かな思い出を、胸にいきいきと蘇らせること。

ISBN978-4-8120-2249-8
定価 本体2000円+税
発行日 2015年10月15日

img_p001.gif

img_p001.gif

img_p001.gif

img_p001.gif

img_p001.gif

img_p001.gif

img_p001.gif