乞う御期待 フルバンドによるスウィングジャズのコンサート  2018.07.06 更新 戻る
県政150周年記念 県民連携事業

平成30 年、兵庫県は成立150 周年を迎えます。
この節目にあたり、ふるさと兵庫を再認識し、新たな兵庫づくりを
考える機会とするため、当該事業を実施します。

第18回 西谷JAZZフェスタ
2018年9月2日(日)
会場 新名神高速道路 宝塚北サービスエリア
          サブトイレ東側広場(岡山方面側)
宝塚市玉瀬字奥之焼1-125
開催時間 17時〜19時 雨天決行


当地「西谷」に3月18日に誕生した新名神高速道路の宝塚北サービスエリアに会場を設定しての開催です。
高速道からだけでなく一般道からも入れて利用出来る
地域密着型のSAになっているので今回の企画となりました。
「西谷ジャズフェスタ」そして
宝塚市の北部地域「西谷」をより多くの人に知って頂き、交流とふれあいの場になれば幸いです。

フルバンドのジャズをわが町にという ぜいたくな企画もお陰様で18回目となりました。(2018年)
今年も関西ジャズ界の大御所「古谷 充」をゲストにお迎えします。
「古谷充」のパワフルなサックス・渋いボーカルと「Ensemble Swingin'Crew」との共演をご堪能下さい。
さらに大阪の歌姫
「NARUMI」も参加しての元気なステージをお届けします。

2013年の様子が7分程の動画としてインターネットで公開されています。
http://www.youtube.com/watch?v=7AdiJVGxjZc You Tubeで全世界からいつでも観る事が出来ます。
「西谷ジャズフェスタ」が良く分かるプロモーションビデオとなっています。是非ご覧下さい。

●出演バンド 「Ensemble Swingin'Crew」アンサンブル・スウィンギンクルー


箕面市内を拠点として活動しているアマチュアのビッグバンド
2002年4月に再結成しバンド名を「
Ensemble Swingin'Crew」とする
メンバーは、元プロ、現プロを交えた精鋭揃いアンサンブルの良い、完成度の高い演奏は観客を魅了します!
(バンドへのお問い合わせ先 重本茂 shigemot-sgr_0817@maia.eonet.ne.jp)

●ゲスト「古谷 充(たかし)」(A.sax・Vo) 今回で14年連続のの来演となります感謝感謝

 

1936年2月13日、大阪生まれ。・京都音楽大学(現京都芸大)在学中に、アルト・サキソフォン奏者として、 ジャズバンドに参加。プロミュージシャンとしての道を歩き始める。・北野タダオとアロージャズオーケストラ等を経て、・1959年(昭和34年)23才で古谷充とザ・フレッシュメンを結成。 関西随一のトップ・コンボの座を占め、18年間このグループを維持した。・1982年(昭和57年)より、ソリストとしての活動に重点をおき、・1982年(昭和58年)リーダー・アルバム 「Body & Soul」(テイチク・ユニオン)を発表。・1986年(昭和61年)ピアニスト辛島文雄とのDuo Projectを結成。 ライヴ・アルバム「Here I Am」を発表。・1988年(昭和63年)このDuo Projectは、 アサヒ・シンフォニー・ホールにおいて、 邦人ジャズ・ユニットでは初のコンサートを開催。 その快挙はジャズ界に留まらず、高く評価されている。・又、ジャズ・ヴォーカリストとしても2枚のアルバムをリリース。 「Solitude」(’75年)「Touch Of The Lips」(’86年)を発表。 ヴォーカリストとしての評価も高い。・1995年(平成7年)には第11回ツムラ・ジャズ・ヴォーカル賞特別賞を受賞。・1995年(平成7年)12月、New York録音のCD 「古谷充In Manhattan」(キング)を発表。 このレコーディング・メンバー、ケニー・バロン(pf)北川潔(B) ウィナード・ハーパー(Dr)らと共に、 96年2月大阪ブルーノートにて発売記念ライヴを開催した。・1996年(平成8年)16年間在籍した(株)ミュージック・インフォメイションの 代表取締役を辞し、よりフリーな立場での活動を開始。・1998年(平成10年)11月2日、尼崎アルカイックホール・オクトにおける 数々のコンサートプロデュースと演奏が評価され、尼崎市民芸術賞を受賞。・1999年(平成11年)3月16日平成10年度の演奏活動と企画力が評価され、 大阪舞台芸術賞を受賞 ジャズ・ミュージシャンとしては、初の本賞受賞者となる。・2000年(平成12年)4月、15人の実力派ピアニストと各1曲づつ共演した ヴォーカルアルバム「My Song Book」をリリース。 ユニークな内容が好評を博す。・2002年(平成14年)より、追手門学院大学客員教授に就任。= 古谷充が主宰する演奏グループ =・古谷充 Neo Saxophone Band(通称N・S・B) 若手サックス・プレイヤーとベテラン・リズム・セクションによる強力ユニット。・古谷充 Neighborhood Big Band NSBが母体となって発足したフル・バンド。 隣人愛を冠にしたバンド名は「音楽で、国籍を越えよう」を目指したもの。 名手、宗清 洋(Tb)を擁する、コンテンポラリー・ビック・バンド。・古谷充 Reunion 1980年より約5年間、古谷充クォーテットの名称で全国ツアーなども果たした パーマネント・グループの再編成バンド。 タイトなサウンドが好評を博している。・古谷充とザ・フレッシュメン 1959年以降18年間の長い活動期間を維持したユニットサウンドの再演。 パートナー大塚善章の作品をはじめ ’50年代 ’60年代のファンキーなハード・バップを往年のスタイルで演奏。 名門コンボとしての風格が多大な好評を得ている。
= 演奏家として以外の活動 =・作曲及び編曲・執筆活動及び講演・番組パーソナリティ・コンサート、CD制作等の監修及び構成・NHKカルチャーセンター講師・尼崎総合文化センター、アルカイックホール・オクト企画アドバイザー・コンサート・プロデューサー・古谷充ジャズ・ヴォーカル塾を主宰・追手門学院大学客員教授

●ゲスト「NARUMI」(ボーカル)

高校在学中にロックに目覚め来阪後はバンドを組んで演奏活動を開始。
2011年夏トータス松本バックコーラス隊としてコンサートに出演。
2013年5月よりジャズシンガーに転向、アルバム3枚をリリース。
2014年3月道後温泉120周年記念イベント「道後オンセナート」フラッシュモブの楽曲に参加。
同年4月「Diners Club Social Jazz Session 2013-14」において優秀賞 受賞。Blue Note 東京にてリーリトナー(G)やクリスタルケイ(Vo)神保彰(Dr)らと共演、高い評価を得る。
その他トミー キャンプベル(Dr)中沢ノブヨシ等と共演。
ジャズ・ソウル・ロック等あらゆるジャンルを熱く歌いこなすハスキーボイスが魅力の個性派シンガー。
愛媛県出身。

特別出演 西谷中学校ブラスバンド部
若い元気な演奏を披露して頂きます。

●演奏予定曲目
  ※インザムード
  ※真珠の首飾り
  ※イッツ オンリー ア ペーパームーン
  ※オン ザ サニーサイド オブ ザ ストリート
  ※この素晴らしい世界
  ※セシボン
  ※スウィートメモリーズ
  ※シングシングシング
  ※ルート66
  他

入場料 無料 1,000円程度のカンパ歓迎。
   西谷ジャズフェスタは営利活動ではありません。
  主催者の熱い想いと出演者の深い御理解、そして観客の皆さんの温かい御支援で継続しています。

●主催 西谷ジャズフェスタ実行委員会

 メンバー 代表 古家義高(音響・広報) /副代表 嶽孝治(当日支援担当責任) / 和田たづよ(会計・受付)/和田秀彰(渉外)
      西田均(ステージ設営) /中村豊(看板)/奥田誠治(ビデオ)/港幸夫(カメラ)/ 田淵静子(接待・受付)
      大島一晃(当日支援担当責任) /中村尚雄(当日支援)/下脇定巳(当日支援) /辰巳佳成(当日支援)
      辰巳いくよ(当日支援) /嶽 広行(当日支援)/西田 勝(当日支援)

●後援  宝塚市/西谷地区まちづくり協議会/エフエム宝塚 83.5MHz/宝塚アーティスト協会
      にしたに よいしょ
西谷ソーラーシェアリング協会

●問い合わせ先 (TEL・FAX)0797 91-1220 古家(こいえ) koyosi@vc-net.ne.jp
 出演バンド(ESC)に関するお問い合わせ先 重本 茂 (TEL・FAX)079 568−5416
                                  shigemot-sgr_0817@maia.eonet.ne.jp             


コンサート風景(2017年 第17回 西谷JAZZフェスタより)  

私が代表の古家義高です。

西谷中学校ブラスバンド部
少数精鋭で頑張っています。


ESCの「サッチモ」山川さん(Tp)
NARUMIさん 司会にボーカルに大活躍頂きました。

 

 

古谷 充さん 81才にして今なお現役、関西ジャズ界のトップに君臨!!  凄い!!

皆様、御協力有り難うございました。


戻る