詩と思想 1/2月号 
特集 2023年度・回顧と展望   目次は、こちら

座談会 川中子義勝 青木由弥子 長谷川忍 花潜 幸
年間時評・詩誌/詩書 篠崎フクシ 江口節
年間展望 神品芳夫 川中子義勝 中村不二夫 小川英晴 長谷川忍 花潜幸 
論考 青木由弥子
詩と思想研究会・最優秀作品 藤島朋代 やじままり
読者投稿欄・最優秀作品 園イオ 橘しのぶ
アンケート 今年の収穫
2023ベストコレクション 作品137篇



新刊情報 2月 更新しました



Information   

第25回小野十三郎賞決定
〈詩集部門〉
●江口 節『水差しの水』(編集工房ノア)
〈詩評論部門〉特別奨励賞
●青木由弥子『伊東静雄―戦時下の抒情』
(土曜美術社出版販売)

第34回富田砕花賞決定
●文月悠光『パラレルワールドのようなもの』
(思潮社)

第61回歴程賞決定
●大木潤子『遠い庭』(思潮社)

第33回紫式部文学賞決定
●角野栄子『イコ トラベリング 1948-』
(株式会社KADOKAWA)
日本現代詩人会 役員決定
●会長:郷原宏
●理事長:塚本敏雄

第5回大分県新人詩人賞決定
●小野里佳子「アイドル」

新収蔵資料展
●会期:十二月二日(土)~二〇二四年三月三十日(土)午前九時半~午後四時半
●日本近代文学館に近年収蔵された諸資料の中から、作家の書簡、草稿をはじめとして「文庫コレクション紹介」「芥川賞・直木賞 受賞作浄書原稿」「詩歌」「翻訳とその周縁」「創作と思索と」「作家の書画」の六つのテーマにまとめて展示
●会場:日本近代文学館 〒153-0041 目黒区駒場四―三―五五 TEL03-3468-4181
●観覧料:三百円(一般)

『青猫』刊行100年記念展 『青猫』が『定本青猫』に辿りつくまで
●会期:二〇二四年一月二十七日(土)~五月二十六日(日)午前九時~午後五時
●『青猫』を主軸に、萩原朔太郎の詩作に影響を与えた苦悩やエピソードの経緯を書簡や原稿、初出誌などの資料から紹介、創作過程の一端を紐解く。さらにそこから、自ら定本として刊行した『定本青猫』へ辿りつくまで、『蝶を夢む』や他の詩集との関係性も含め、背景を探る
●会場:前橋文学館 2階展示室 〒371-0022 前橋市千代田町三―一二―一〇 
●観覧料:五百円(一般)

締切 2023年8月31日(木曜日)当日消印有効

多数のご応募ありがとうございました。

詩集『絶体絶命』
鎌田東二/著

父さん
あなたが教えた所得倍増は
これほど手ひどい貧困をもたらしました
いのちのこえがとどかぬほどの貧困を
非常事態である
異常事態である
緊急事態である
エリ エリ レマ サバクタニ
襟 恵理 霊真 砂漠谷
ISBN978-4-8120-2689-2
定価 本体2000円+税
発行日 2022年5月30日

『絶体絶命』(CD)
鎌田東二/作詞作曲・歌

ロックにしてご詠歌!現代音楽にしてミュージカル。
細野晴臣をはじめ、最高度の魔法使いたちがありえないほどの密度と強度で構築した「絶望と希望の音語り」。
進化する神道ソングライターの絶体絶命の爆裂を聴け!

ISBN978-4-8120-2709-7
定価 2800円(税込み)
発行日 2022年9月1日



レコ発ライブ 2022年12月18日
予約受付中         
詳細はクリックで拡大してご覧いただけます

詩と思想 新人賞叢書15
黒田 ナオ「ぽんとぽとーんと音がする」

ご注文承りますクリック⇒

詩と思想 新人賞叢書16
雪柳 あうこ 「追伸、この先の地平より」


書籍注文ファームは、こちらから

土曜美術社のホームページから書籍をご注文いただけます。

注文フォームから、24時間受付中!